右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和34(オ)1099
事件名
 境界確認請求
裁判年月日
 昭和38年1月18日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第17巻1号1頁
原審裁判所名
 仙台高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和34年7月30日
判示事項
 訴の変更と時効中断の効力。
裁判要旨
 係争地域が自己の所有に属することの主張は前後変わることなく、ただ単に請求を境界確定から所有権確認に変更したにすぎない場合は、境界確定の訴提起によつて生じた時効中断の効力には、影響がない。
参照法条
 民法149条,民訴法232条,民訴法235条
全文
全文