右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和38(オ)1349
事件名
 建物収去土地明渡請求
裁判年月日
 昭和40年9月10日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第19巻6号1512頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和34(ネ)1540
原審裁判年月日
 昭和38年8月6日
判示事項
 要素の錯誤による意思表示の無効を第三者が主張することは許されるか。
裁判要旨
 表意者自身において要素の錯誤による意思表示の無効を主張する意思がない場合には、原則として、第三者が右意思表示の無効を主張することは許されない。
参照法条
 民法95条
全文
全文