右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和38(オ)1365
事件名
 賃料値上請求
裁判年月日
 昭和40年12月10日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第19巻9号2117頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和36(ネ)1472
原審裁判年月日
 昭和38年7月18日
判示事項
 賃料増額の請求がなされた場合と従前の額による賃料提供の適否。
裁判要旨
 賃料増額の請求がなされた場合には、従前の賃料額と適正増額賃料額との差が僅少である等信義則上従前の賃料額の提供をもつて債務の本旨に従つた履行の提供とみられるような特別の事情があるときのほか、債務者は、従前の賃料額をもつて相当であると考えたとしても、従前の賃料額を提供しただけでは、履行遅滞の責を免れない。
参照法条
 借家法7条,民法492条,民法541条
全文
全文