右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和38(オ)322
事件名
 手附金返還請求
裁判年月日
 昭和41年3月22日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第20巻3号468頁
原審裁判所名
 仙台高等裁判所
原審事件番号
 昭和34(ネ)513
原審裁判年月日
 昭和37年11月14日
判示事項
 双務契約の当事者の一方が債務の履行をしない意思を明らかにした場合と同時履行の抗弁権
裁判要旨
 双務契約の当事者の一方が自己の債務の履行をしない意思を明確にした場合には、相手方が自己の債務の弁済の提供をしなくても、右当事者の一方は、自己の債務の不履行について履行遅滞の責を免れることをえないものと解するのが相当である。
参照法条
 民法533条,民法415条
全文
全文