右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和38(オ)719
事件名
 離婚請求、離婚反訴請求
裁判年月日
 昭和39年9月17日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第18巻7号1461頁
原審裁判所名
 名古屋高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和38年3月27日
判示事項
 民法第七七〇条第一項第二号にいう悪意の遺棄に当らないとされた事例。
裁判要旨
 妻が婚姻関係の破綻について主たる責任を負い、夫からの扶助を受けないようになつたのもみずからの原因によるなど原判決認定の事情(原判決理由参照)のもとにおいては、夫が妻と同居を拒み、これを扶助しないといても、民法第七七〇条第一項第二号にいう悪意の遺棄に当らないというべきである。
参照法条
 民法770条1項2号,民法752条
全文
全文