右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和39(オ)654
事件名
 家屋明渡等請求
裁判年月日
 昭和41年3月3日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第20巻3号386頁
原審裁判所名
 仙台高等裁判所
原審事件番号
 昭和35(ネ)46
原審裁判年月日
 昭和39年3月25日
判示事項
 建物の売買契約解除後の不法占有と民法第二九五条第二項
裁判要旨
 建物の売買契約によりその引渡を受けた買主が、右売買契約の合意解除後売主所有の右建物を権原のないことを知りながら不法に占有中、右建物につき必要費、有益費を支出したとしても、買主は、民法第二九五条第二項の類推適用により、当該費用の償還請求権に基づく右建物の留置権を主張できない。
参照法条
 民法295条2項
全文
全文