右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和40(オ)210
事件名
 損害賠償等請求
裁判年月日
 昭和41年9月8日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 民集 第20巻7号1325頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和39(ネ)1117
原審裁判年月日
 昭和39年12月17日
判示事項
 他人の権利を売買の目的とした場合の売主の担保責任と債務不履行による責任
裁判要旨
 他人の権利を目的とする売買の売主が、その責に帰すべき事由によつて、該権利を取得してこれを買主に移転することができない場合には、買主は、売主に対し、民法第五六一条但書の適用上、担保責任としての損害賠償の請求ができないときでも、なお債務不履行一般の規定に従つて損害賠償の請求をすることができるものと解するのが相当である。
参照法条
 民法561条,民法415条
全文
全文