右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和40(オ)347
事件名
 損害賠償請求
裁判年月日
 昭和43年3月15日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第22巻3号587頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和38(ネ)1590
原審裁判年月日
 昭和39年12月16日
判示事項
 示談当時予想しなかつた後遺症等が発生した場合と示談の効力
裁判要旨
 交通事故による全損害を正確に把握し難い状況のもとにおいて、早急に、小額の賠償金をもつて示談がされた場合において、右示談によつて被害者が放棄した損害賠償請求は、示談当時予想していた損害についてのみと解すべきであつて、その当時予想できなかつた後遺症等については、被害者は、後日その損害の賠償を請求することができる。
参照法条
 民法709条,民法695条,民法696条
全文
全文