右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和42(オ)597
事件名
 土地境界確認等請求
裁判年月日
 昭和43年3月1日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 民集 第22巻3号491頁
原審裁判所名
 名古屋高等裁判所
原審事件番号
 昭和40(ネ)563
原審裁判年月日
 昭和42年2月27日
判示事項
 土地所有権の時効取得の要件として無過失でないとされた事例
裁判要旨
 相続人が、登記簿に基づいて実地に調査すれば、相続により取得した土地の範囲が甲地を含まないことを容易に知ることができたにもかかわらず、この調査をしなかつたために、甲地が相続した土地に含まれ、自己の所有に属すると信じて占有をはじめたときは、特段の事情のないかぎり、相続人は右占有のはじめにおいて無過失ではないと解するのが相当である。
参照法条
 民法162条
全文
全文