右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和43(オ)1184
事件名
 認知請求
裁判年月日
 昭和44年5月29日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第23巻6号1064頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和41(ネ)1128
原審裁判年月日
 昭和43年7月30日
判示事項
 婚姻解消後三〇〇日以内に出生した子が嫡出の推定を受けないとされた事例
裁判要旨
 離婚による婚姻解消後三〇〇日以内に出生した子であつても、母とその夫とが、離婚の届出に先だち約二年半以前から事実上の離婚をして別居し、まつたく交渉を絶つて、夫婦の実態が失われていた場合には、民法七七二条による嫡出の推定を受けないものと解すべきである。
参照法条
 民法772条,民法774条
全文
全文