右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和55(オ)401
事件名
 損害賠償
裁判年月日
 昭和57年1月19日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第36巻1号19頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和53(ネ)1920
原審裁判年月日
 昭和55年1月30日
判示事項
 警察官がナイフの所持者からこれを提出させて一時保管の措置をとらなかつたことが違法とされた事例
裁判要旨
 酒に酔つて飲食店でナイフを振い客を脅したとして警察署に連れてこられた者の引渡を受けた警察官が、右の者の飲食店における行動などについて所要の調査をすれば容易に判明しえた事実から合理的に判断すると、その者に右ナイフを携帯させたまま帰宅することを許せば帰宅途中他人の生命又は身体に危害を及ぼすおそれが著しい状況にあつたというべきであるような判示の事実関係のもとにおいて、右の調査を怠り、漫然と右の者から右のナイフを提出させて一時保管の措置をとることなくこれを携帯させたまま帰宅させたことは、違法である。
参照法条
 国家賠償法1条1項,銃砲刀剣類所持等取締法24条の2第2項
全文
全文