右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和39(オ)1025
事件名
 売掛代金請求
裁判年月日
 昭和42年4月20日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第21巻3号697頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和36(ネ)2246
原審裁判年月日
 昭和39年5月28日
判示事項
 代理人の権限濫用の行為と民法第九三条
裁判要旨
 代理人が自己または第三者の利益をはかるため権限内の行為をしたときは、相手方が代理人の意図を知りまたは知りうべきであつた場合にかぎり、民法第九三条但書の規定を類推適用して、本人はその行為についての責に任じないと解するのが相当である。
参照法条
 民法93条,民法99条
全文
全文