右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和42(オ)1327
事件名
 売掛代金請求
裁判年月日
 昭和43年12月25日
法廷名
 最高裁判所大法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄自判
判例集等巻・号・頁
 民集 第22巻13号3511頁
原審裁判所名
 名古屋高等裁判所
原審事件番号
 昭和41(ネ)423
原審裁判年月日
 昭和42年8月25日
判示事項
 一、商法第二六五条にいう取引の意義
二、商法第二六五条に違反する取引の効力
裁判要旨
 一、商法第二六五条にいう取引には、取締役と会社との間に直接成立すべき利益相反行為のみならず、取締役個人の債務について、その取締役が会社を代表して、債権者に対し債務引受をする等取締役個人の利益となり会社に不利益を与える行為も包含されるものと解すべきである。
二、会社は、商法第二六五条に違反する取引のうち、取締役と会社との間に直接成立すべき取引については、右取締役に対して、その無効を主張することができるが、取締役が会社を代表して自己のためにした会社以外の第三者との間の取引については、右第三者が取締役会の承認を受けていなかつたことについて悪意であるときにかぎり、その無効を主張することができる。
参照法条
 商法265条
全文
全文