右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和43(オ)260
事件名
 損害賠償謝罪広告請求
裁判年月日
 昭和43年12月24日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 民集 第22巻13号3428頁
原審裁判所名
 名古屋高等裁判所
原審事件番号
 昭和41(ネ)51
原審裁判年月日
 昭和42年12月27日
判示事項
 仮処分命令が不当であるとして取り消された場合において仮処分申請人に過失があるとはいえないとされた事例
裁判要旨
 会社を被申請人とする仮処分命令が、同会社に対しては被保全権利が存在しないとして取り消された場合においても、右会社の取締役が会社の営業と競合する事業を個人として営んでいたため、仮処分申請人が被申請人を右取締役個人とすべきであるにもかかわらず、これを右会社と誤認した等判示の事実関係のもとにおいては、右仮処分命令を取り消す判決が確定しても、この一事をもつて、ただちに右申請人に過失があつたものとすることはできない。
参照法条
 民法709条,民訴法756条,民訴法745条2項
全文
全文