右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和56(オ)767
事件名
 損害賠償請求本訴、同反訴
裁判年月日
 昭和57年10月19日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第36巻10号2163頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和54(ネ)1863
原審裁判年月日
 昭和56年5月14日
判示事項
 民法七二四条所定の三年の時効期間の計算と初日の不算入
裁判要旨
 民法七二四条所定の三年の時効期間の計算においては、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知つた時が午前零時でない限り、時効期間の初日を算入すべきではない。
参照法条
 民法138条,民法140条,民法724条
全文
全文