右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和27(あ)1543
事件名
 犯人蔵匿
裁判年月日
 昭和28年10月2日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 刑集 第7巻10号1879頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和27年2月21日
判示事項
 捜査の存否と犯人蔵匿罪の成否
裁判要旨
 直に罰金以上の刑にあたる罪を犯した者であることを知りながら、官憲の発見、逮捕を免れるように、その者をかくまつた場合には、その犯罪がすでに捜査官憲に発覚して捜査が始つているかどうかに関係なく、犯人蔵匿罪が成立する。
参照法条
 刑法103条
全文
全文