右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和41(オ)600
事件名
 損害賠償請求
裁判年月日
 昭和42年11月10日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第21巻9号2352頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所
原審事件番号
 昭和40(ネ)119
原審裁判年月日
 昭和41年2月24日
判示事項
 労働能力が減少しても具体的に損害が発生していないとされた事例
裁判要旨
 交通事故により左太腿複雑骨折の傷害をうけ、労働能力が減少しても、被害者が、その後従来どおり会社に勤務して作業に従事し、労働能力の減少によつて格別の収入減を生じていないときは、被害者は、労働能力減少による損害賠償を請求することができない。
参照法条
 民法709条
全文
全文