右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和33(あ)134
事件名
 贈賄、横領、加重収賄、収賄、詐欺
裁判年月日
 昭和37年5月29日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 その他
判例集等巻・号・頁
 刑集 第16巻5号528頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和32年10月29日
判示事項
 一 刑法第一九七条にいう「其職務」の意義
二 熊本県八代地方事務所農地課勤務の事務吏員の職務権限
裁判要旨
 一 刑法第一九七条にいう「其職務」とは、当該公務員の一般的な職務権限に属するものであれば足り、本人が具体的に担当している事務であることを要しない。
二 熊本県八代地方事務所農地課勤務の事務吏員は、日常担当しない事務であつても、同課に属する農地および農業用施設等災害復旧工事につき事業主体のなす工事請負契約締結の方法、競争入札の実施、その際における予定価格の決定などを指導監督する職務権限をも有する。
参照法条
 刑法197条,刑法197の3第1項,熊本県地方事務所処務規程(昭和24年熊本県訓令254号)1条,熊本県地方事務所処務規程(昭和24年熊本県訓令254号)6条,熊本県地方事務所処務規程(昭和24年熊本県訓令254号)8条3項
全文
全文