右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和52(あ)623
事件名
 強盗殺人未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反、火薬類取締法違反
裁判年月日
 昭和53年7月28日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 刑集 第32巻5号1068頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和52年3月8日
判示事項
 強盗殺人未遂罪といわゆる打撃の錯誤
裁判要旨
 犯人が強盗の手段として人を殺害する意思のもとに銃弾を発射して殺害行為に出た結果、犯人の意図した者に対して右側胸部貫通銃創を負わせたほか、犯人の予期しなかつた者に対しても腹部貫通銃創を負わせたときは、後者に対する関係でも強盗未遂罪が成立する。
参照法条
 刑法38条1項,刑法240条,刑法243条
全文
全文