右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和24(オ)143
事件名
 家屋明渡請求
裁判年月日
 昭和27年4月25日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第6巻4号451頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和24年5月25日
判示事項
 賃貸借契約の当時者の一方に著しい不信行為があつた場合の契約の解除と催告の要否
裁判要旨
 賃貸借は当時者相互の信頼関係を基礎とする継続的契約であるから、賃貸借の継続中に、当事者の一方に、その義務に違反し信頼関係を裏切つて、賃貸借関係の継続を著しく困難ならしめるような不信行為のあつた場合には、相手方は、民法第五四一条所定の催告を要せず、賃貸借を将来に向つて解除することができるものと解すべきである。
参照法条
 民法541条,民法601条
全文
全文