右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和26(オ)298
事件名
 預ヶ金返還請求
裁判年月日
 昭和30年5月13日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 民集 第9巻6号679頁
原審裁判所名
 広島高等裁判所  松江支部
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和26年5月11日
判示事項
 不当利得と法人の悪意。
裁判要旨
 法人の使用人(A支所長事務取扱)が法人の目的の範囲外の取引をしたことに基き、法人に不当利得ありとされる場合において、右利得につき右使用人の悪意を以て法人の悪意とすることはできない。
参照法条
 民法704条,民法43条,民法53条,民法101条
全文
全文