右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和27(オ)34
事件名
 損害賠償請求
裁判年月日
 昭和28年10月15日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第7巻10号1093頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和26年12月12日
判示事項
 一 民法第五四五条第三項による損害賠償請求について損害額算定の標準とすべき時期
二 損害額の算定につき物価庁告示の公定価格によることの適否
裁判要旨
 一 物の引渡を目的とする債務の不履行による契約解除を理由として損害賠償の請求がなされる場合において、右損害額の算定には特別の事情がないかぎり契約解除当時における目的物の価格を標準とすべきである。
二 右の場合において、物価庁告示の公定価格により損害額を算定することは違法でない。
参照法条
 民法545条3項,民法415条
全文
全文