右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和28(オ)847
事件名
 土地所有権移転登記手続請求
裁判年月日
 昭和30年6月24日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第9巻7号919頁
原審裁判所名
 高松高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和28年6月10日
判示事項
 一 「分筆の上」登記を命ずる判決と「申立テザル事項」
二 一筆の土地の一部の売買
裁判要旨
 一 一筆の土地全部の所有権移転登記手続を求める請求において、その土地の一部につき「分筆の上」所有権移転登記手続をなすべき旨の判決をしても、「申立テザル事項ニ付判決ヲ為シ」たことにはならない。
二 一筆の土地の一部といえども、売買の目的とすることをうべく、その部分が具体的に特定しているかぎりは、右部分につき分筆手続未了前においても、買主はその部分につき所有権を取得することができる。
参照法条
 民訴185条,民法176条,民法177条,民法206条,不動産登記法79条,不動産登記法46条ノ2
全文
全文