右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和28(オ)855
事件名
 解散請求書名簿に関する決定取消請求
裁判年月日
 昭和29年2月26日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第8巻2号579頁
原審裁判所名
 福島地方裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和28年6月22日
判示事項
 一 選挙人名簿に記載されその後選挙権を失つた者は直接請求の署名簿に署名することができるか
二 署名の意味が不明のままで直接請求の署名簿にした署名の効力
裁判要旨
 一 選挙人名簿に記載されている者は、その後選挙権を失つても直接請求の署名簿に署名することができる。
二 署名の意味が不明のままで直接請求の署名簿にした署名であつても、地方自治法施行令第九五条で規定する時期までに、同条に規定する方法によつて取り消されないかぎり有効である。
参照法条
 地方自治法74条,地方自治法74条の3,地方自治法施行令95条
全文
全文