右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和33(オ)265
事件名
 損害賠償請求
裁判年月日
 昭和36年5月26日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第15巻5号1440頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和32年11月29日
判示事項
 委託を受けない宅地建物取引業者の業務上の注意義務。
裁判要旨
 宅地建物取引業者は、直接の委託関係はなくても、業者の介入に信頼して取引するに至つた第三者に対して、信義誠実を旨とし、権利者の真偽につき格別に注意する等の業務上の一般的注意義務がある。
参照法条
 民法1条2項,宅地建物取引業法13条
全文
全文