右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和36(オ)167
事件名
 家屋明渡請求
裁判年月日
 昭和37年4月5日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第16巻4号679頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和35年11月26日
判示事項
 借家法第六条の特約に当らないとされた事例
裁判要旨
 滞納家賃が三箇月分以上に達したときは、賃貸人は賃借人に対し、催告等の手続を経ることなく、直ちに賃貸借契約を解除することができる旨の特約は、借家法第六条の特約には当らない。
参照法条
 借家法6条
全文
全文