右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和37(オ)815
事件名
 名誉および信用毀損による損害賠償および慰藉料請求
裁判年月日
 昭和41年6月23日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第20巻5号1118頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和34(ネ)359
原審裁判年月日
 昭和37年3月15日
判示事項
 公共の利害に関する事実の摘示と名誉毀損の成否
裁判要旨
 名誉毀損については、当該行為が公共の利害に関する事実に係りもつぱら公益を図る目的に出た場合において、摘示された事実が真実であることが証明されたときは、その行為は、違法性を欠いて、不法行為にならないものというべきである。
参照法条
 民法710条
全文
全文