右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和31(あ)2294
事件名
 窃盜、強姦致傷
裁判年月日
 昭和34年7月7日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 決定
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集刑 第130号515頁
原審裁判所名
 仙台高等裁判所  秋田支部
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和31年5月22日
判示事項
 強姦致傷罪の未遂。
裁判要旨
 強姦に際し婦女に傷害の結果を与えれば、姦淫が未遂であつても強姦致傷罪の既遂となり、強姦致傷罪の未遂という観念を容れることはできない。従つて中止未遂の問題も生じ得ないわけである。(昭和二四年(れ)第九三三号、同年七月一二日第三小法廷判決、判例集三巻八号一二三七頁参照)
参照法条
 刑法181条
全文
全文