右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和46(オ)1035
事件名
 所有権移転登記等請求
裁判年月日
 昭和47年4月13日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第105号561頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和43(オ)2094
原審裁判年月日
 昭和46年6月8日
判示事項
 詐害行為取消権の消滅時効の起算点
裁判要旨
 民法四二六条にいう取消の原因を覚知するとは、債務者が債権者を害することを知つて当該法律行為をした事実を取消権者において知ることを意味し、単に取消権者が詐害の客観的事実を知るだけでは足りず、債務者に詐害の意思のあることをも知ることを要する。
参照法条
 民法426条
全文
全文