右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和58(オ)1022
事件名
 商業宣伝放送差止等請求事件
裁判年月日
 昭和63年12月20日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第155号377頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和56(ネ)970
原審裁判年月日
 昭和58年5月31日
判示事項
 市営地下鉄の列車内における商業宣伝放送に違法性がないとされた事例
裁判要旨
 市営地下鉄の列車内における商業宣伝放送は、業務放送の後に「次は○○前です。」又は「○○へお越しの方は次でお降りください。」という企業への降車駅案内を兼ね、一駅一回五秒を基準とする方式で行われ、一般乗客にそれ程の嫌悪感を与えるものではないなど原判示の事情の下においては、これを違法ということはできない。

(補足意見がある。)
参照法条
 民法415条,民法709条,民法710条
全文
全文