右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和58(オ)216
事件名
 土地所有権移転登記手続請求事件
裁判年月日
 平成元年3月28日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 その他
判例集等巻・号・頁
 集民 第156号373頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和56(ネ)2227
原審裁判年月日
 昭和57年11月26日
判示事項
 境界確定訴訟の提起による所有権に関する取得時効中断の効力が生じないものとされる場合
裁判要旨
 隣接する一方の土地の所有者甲が、乙主張の境界を越えて隣接地の一部を占有しているため、右隣接地の所有者乙が甲による右占有部分の取得時効完成前に甲に対して提起した境界確定訴訟において、乙主張のとおり両土地の境界が確定されても、右境界確定訴訟と併合審理された乙の甲に対する土地所有権に基づく右占有部分の明渡請求が、当該部分に関する乙の所有権が否定された結果棄却された場合には、右占有部分について、境界確定訴訟の提起による所有権に関する取得時効中断の効力は生じないものと解すべきである。
参照法条
 民法147条,民法149条,民法162条,民訴法225条
全文
全文