右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成11(受)602
事件名
 保証債務請求事件
裁判年月日
 平成14年7月11日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄自判
判例集等巻・号・頁
 集民 第206号707頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 平成10(ネ)2062
原審裁判年月日
 平成11年2月9日
判示事項
 商品代金の立替払契約に基づく債務の保証人の意思表示に要素の錯誤があるとされた事例
裁判要旨
 特定の商品の代金について立替払契約が締結され,同契約に基づく債務について保証契約が締結された場合において,立替払契約は商品の売買契約が存在しないいわゆる空クレジット契約であって,保証人は,保証契約を締結した際,そのことを知らなかったなど判示の事実関係の下においては,保証人の意思表示には法律行為の要素に錯誤がある。
参照法条
 民法95条,民法446条
全文
全文