右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和59(オ)467
事件名
 否認権行使
裁判年月日
 昭和60年2月14日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 集民 第144号109頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和57(ネ)2377
原審裁判年月日
 昭和59年1月25日
判示事項
 破産法七四条一項にいう「支払ノ停止」があつたとはいえないとされた事例
裁判要旨
 債務者が債務整理の方法等について弁護士と相談し、右弁護士との間で破産申立の方針を決めたとしても、他に特段の事情のない限り、破産法七四条一項にいう「支払ノ停止」があつたとはいえない。
参照法条
 破産法74条
全文
全文