右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和63(行ツ)102
事件名
 不当労働行為救済命令取消
裁判年月日
 平成2年3月6日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第159号229頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和61(行コ)42
原審裁判年月日
 昭和63年3月24日
判示事項
 ポストノーティス命令が憲法一九条に違反するという主張が失当とされた事例
裁判要旨
 医療法人に対し、誓約書という題の下に、「当社団が行つた次の行為は、神奈川県地方労働委員会により不当労働行為と認定されました。当社団は、ここに深く反省するとともに今後再びかかる行為を繰り返さないことを誓約します。」との文言を墨書した白色木板を当該法人経営の病院入口に掲示するよう命じたポストノーティス命令は、当該法人に対し反省等の意思表明を強制するものではなく、右命令について憲法一九条違反をいう主張は失当である。
参照法条
 憲法19条,労働組合法27条4項
全文
全文