右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和45(オ)357
事件名
 建物収去土地明渡、所有権確認等請求
裁判年月日
 昭和45年10月29日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第101号243頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和41(ネ)1877
原審裁判年月日
 昭和44年12月12日
判示事項
 所有の意思をもつて占有するものと認められた事例
裁判要旨
 占有における所有の意思の有無は、占有取得の原因たる事実によつて客観的に定められるべきものであるから、所有権譲受を内容とする交換契約に基づき開始した占有は、所有の意思をもつてする占有である。
参照法条
 民法162条
全文
全文