右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和55(オ)235
事件名
 損害金等
裁判年月日
 昭和56年9月8日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第133号401頁
原審裁判所名
 名古屋高等裁判所
原審事件番号
 昭和50(ネ)21
原審裁判年月日
 昭和54年12月11日
判示事項
 保安林指定のある山林の売買につき売主に瑕疵担保責任があるものとされた事例
裁判要旨
 宅地造成を目的とする売買の対象土地が森林法による保安林指定区域内に存するため買主が右売買の目的を達成できなくなつた場合において、買主が不動産取引に通暁せず、かつ、登記簿上の地目が保安林ではなく、売主及び仲介業者からも右指定を知らされていなかつたなど、原判示の事実があるときは、売主は瑕疵担保責任を負うべきである。
参照法条
 民法570条
全文
全文