右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和39(オ)651
事件名
 家屋明渡、同反訴、損害賠償請求
裁判年月日
 昭和41年11月10日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第85号43頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和35(ネ)2046
原審裁判年月日
 昭和39年2月27日
判示事項
 控訴審口頭弁論における「第一審判決事実摘示のとおり陳述」の意味
裁判要旨
 控訴審口頭弁論において、原審口頭弁論の結果を陳述するに際し、「第一審判決事実摘示のとおり陳述する」旨弁論したときは、第一審の口頭弁論で主張した事項であつて、第一審判決の事実摘示に記載されていない事実は、控訴審口頭弁論では陳述されなかつたことになる。
参照法条
 民訴法377条,民訴法186条
全文
全文