右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和42(オ)1438
事件名
 損害賠償請求
裁判年月日
 昭和43年9月24日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第92号369頁
原審裁判所名
 名古屋高等裁判所
原審事件番号
 昭和42(ネ)105
原審裁判年月日
 昭和42年9月28日
判示事項
 交差点において追抜態勢にある自動車運転手の並進車に対する注意義務の範囲
裁判要旨
 交差点において追抜態勢にある自動車運転手は、特別の事情のないかぎり、並進車が交通法規に違反して進路を変えて、突然自車の進路に近寄つてくることまでも予想して、それによつて生ずる事故の発生を未然に防止するため徐行その他避譲措置をとるべき業務上の注意義務はないと解するのが相当である。
参照法条
 民法709条
全文
全文