右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和56(オ)483
事件名
 家屋明渡
裁判年月日
 昭和56年10月13日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第134号97頁
原審裁判所名
 名古屋高等裁判所
原審事件番号
 昭和52(ネ)634
原審裁判年月日
 昭和56年3月12日
判示事項
 民法四六七条一項にいう「債務者ニ対抗スルコトヲ得ス」の意義
裁判要旨
 民法四六七条一項所定の通知又は承諾は、債権の譲受人が債務者に対して債権を行使するための積極的な要件ではなく、債務者において通知又は承諾の欠けていることを主張して、譲受人による債権の行使を阻止することができるにすぎないものと解すべきである。
参照法条
 民法467条1項
全文
全文