右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和41(オ)369
事件名
 家屋明渡請求
裁判年月日
 昭和42年8月25日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第88号293頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和35(ネ)491
原審裁判年月日
 昭和40年12月22日
判示事項
 訴訟代理人があるため訴訟手続が中断しない場合と当事者の表示
裁判要旨
 当事者が死亡したが、訴訟代理人があるため、訴訟手続を中断しないまま口頭弁論を終結した場合には、相続人が何人であるか明らかであるかぎり、判決には当事者として新当事者を表示するを相当とし、旧当事者を表示しているときは、民訴法第一九四条によつて更正することができる。
参照法条
 民訴法213条,民訴法194条
全文
全文