右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和42(オ)88
事件名
 損害賠償請求
裁判年月日
 昭和42年9月29日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第88号629頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和41(ネ)702
原審裁判年月日
 昭和41年11月15日
判示事項
 自動車損害賠償保障法第三条にいう「他人」の意義
裁判要旨
 自動車損害賠償保障法第三条本文にいう「他人」とは、自己のために自動車を運行の用に供する者および当該自動車の運転者を除くそれ以外の者をいうものと解するのが相当であり、酩酊のうえ助手席に乗り込んだ者も、運転手がその乗車を認容して自動車を操縦したものである以上、右「他人」に含まれる。
参照法条
 自動車損害賠償保障法3条
全文
全文