右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和44(オ)260
事件名
 約束手形金請求
裁判年月日
 昭和45年5月22日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第99号215頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所
原審事件番号
 昭和41(ネ)283
原審裁判年月日
 昭和43年10月30日
判示事項
 偽造手形の取得者の損害賠償請求権と手形法上の遡求権との関係
裁判要旨
 対価を支払つて偽造手形を取得した手形所持人は、その出捐と手形偽造行為との間に相当因果関係が認められるかぎり、その出捐額につき、ただちに損害賠償請求権を行使することができ、手形の所持人としてその前者に対し手形法上の遡求権を有することによつては、損害賠償の請求を妨げられることはない。
参照法条
 民法709条,民法715条,手形法43条
全文
全文