右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和44(オ)479
事件名
 損害賠償請求
裁判年月日
 昭和45年4月21日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第99号89頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所
原審事件番号
 昭和43(ネ)541
原審裁判年月日
 昭和44年1月29日
判示事項
 一、被用者の不法行為に基づく責任と民法七一五条に基づく使用者の責任との関係

二、不法行為による慰籍料請求権と相続
裁判要旨
 一、被用者の不法行為に基づく責任と民法七一五条に基づく使用者の責任とは、いわゆる不真正連帯債務の関係にあり、その一方の債務について和解等がされても、現実の弁済がされないかぎり、他方の債務については影響がないと解するのが相当である。

二、不法行為による慰籍料請求権は、被害者の死亡によつて当然に発生し、これを放棄、免除する等特別の事情の認められないかぎり、被害者の相続人が相続する。

(右二につき田中、松本裁判官の反対意見がある)
参照法条
 民法709条,民法710条,民法711条,民法715条
全文
全文