右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和45(オ)315
事件名
 占有回収等請求
裁判年月日
 昭和45年6月18日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第99号375頁
原審裁判所名
 広島高等裁判所
原審事件番号
 昭和44(ネ)148
原審裁判年月日
 昭和45年1月19日
判示事項
 占有における所有の意思の有無の判断基準
裁判要旨
 占有における所有の意思の有無は、占有取得の原因たる事実によつて外形的客観的に定められるべきものであるから、賃貸借が法律上効力を生じない場合にあつても、賃貸借により取得した占有は他主占有というべきである。
参照法条
 民法162条,民法186条
全文
全文