右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成3(オ)928
事件名
 損害賠償
裁判年月日
 平成5年3月25日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第168号127頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 平成1(ネ)2125
原審裁判年月日
 平成3年2月26日
判示事項
 いわゆるチェック・オフと個々の組合員からの委任の要否
裁判要旨
 使用者と労働組合との間にいわゆるチェック・オフ協定が締結されている場合であっても、使用者が有効なチェック・オフを行うためには、賃金から控除した組合費相当分を労働組合に支払うことにつき個々の組合員から委任を受けることが必要である。
参照法条
 労働基準法(昭和62年法律第99号による改正前のもの)24条1項,民法643条,民法651条1項
全文
全文