右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和56(オ)25
事件名
 損害賠償、慰藉料
裁判年月日
 昭和58年10月20日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第140号177頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和52(ネ)1684
原審裁判年月日
 昭和55年9月26日
判示事項
 他人の名誉を毀損する事実を摘示した者が免責を受けるために真実性を立証すべき範囲
裁判要旨
 他人の名誉を毀損する事実を摘示した者は、その重要な部分について真実性を立証することによつて、免責を受けることができる。
参照法条
 民法710条
全文
全文