右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和23(れ)1260
事件名
 強姦致傷
裁判年月日
 昭和23年7月26日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集刑 第12号831頁
原審裁判所名
 広島高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和23年8月13日
判示事項
 強姦行爲における輕度の傷害と強姦致傷罪の成立
裁判要旨
 強姦行爲を爲すに際して相手方に傷害を加えた場合には、たとえ、その傷害が「メンタム一回つけただけで後は苦痛を感ぜずに治つた」程度のものであつたとしても、強姦致傷の罪が成立する。
参照法条
 刑法181條
全文
全文