右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成22(あ)1721
事件名
 売春防止法違反被告事件
裁判年月日
 平成23年8月24日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 決定
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 刑集 第65巻5号889頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 平成22(う)556
原審裁判年月日
 平成22年9月7日
判示事項
 遊客において周旋行為の介在を認識していなかったことと売春防止法6条1項の周旋罪の成否
裁判要旨
 売春防止法6条1項の周旋罪が成立するためには,売春が行われるように周旋行為がなされれば足り,遊客において周旋行為が介在している事実を認識していることを要しない。
参照法条
 売春防止法6条1項
全文
全文