右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成24(行ヒ)368
事件名
 市県民税変更決定処分取消請求事件
裁判年月日
 平成27年5月26日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄自判
判例集等巻・号・頁
 集民 第250号1頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所
原審事件番号
 平成24(行コ)9
原審裁判年月日
 平成24年6月28日
判示事項
 個人住民税の所得割に係る賦課決定の期間制限の特例を定める地方税法(平成25年法律第3号による改正前のもの)17条の6第3項3号にいう決定,裁決又は判決があった場合の意義
裁判要旨
 個人の道府県民税及び市町村民税の所得割に係る賦課決定の期間制限につき,その特例を定める地方税法(平成25年法律第3号による改正前のもの)17条の6第3項3号にいう所得税に係る不服申立て又は訴えについての決定,裁決又は判決があった場合とは,当該不服申立て又は訴えについてその対象となる所得税の課税標準に異動を生じさせ,その異動した結果に従って個人の道府県民税及び市町村民税の所得割を増減させる賦課決定をすべき必要を生じさせる決定,裁決又は判決があった場合をいう。
参照法条
 地方税法(平成23年法律第115号による改正前のもの)17条の5第1項,地方税法(平成25年法律第3号による改正前のもの)17条の6第3項1号,地方税法(平成25年法律第3号による改正前のもの)17条の6第3項3号
全文
全文