右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成28(受)1463
事件名
 過払金返還請求事件
裁判年月日
 平成29年7月24日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄自判
判例集等巻・号・頁
原審裁判所名
 名古屋高等裁判所  金沢支部
原審事件番号
 平成28(ネ)18
原審裁判年月日
 平成28年5月18日
判示事項
 認定司法書士が弁護士法72条に違反して締結した裁判外の和解契約の効力
裁判要旨
 認定司法書士が委任者を代理して裁判外の和解契約を締結することが弁護士法72条に違反する場合であっても,当該和解契約は,その内容及び締結に至る経緯等に照らし,公序良俗違反の性質を帯びるに至るような特段の事情がない限り,無効とはならない。
参照法条
 弁護士法72条,司法書士法3条1項7号,民法90条
全文
全文